0120-989-855
受付時間:平日 9:00 - 17:30
WEBから仮審査を申し込む

リースバックとは?
仕組みや活用メリット

リースバックとは?仕組みはどうなっているの?

リースバックとは、ご自宅をリースバック運営会社に売却すると同時に、その会社と賃貸借契約を締結することで、売却後も同じ家に住み続けることができるサービスです。高齢者や信用情報に不安がある方でも、売却予定のご自宅に一定の価値があれば利用できるのが特徴です。

近年、住宅ローンの借入年齢の高齢化、高齢無職世帯の貯蓄高の減少といった社会的背景から、老後資金に不安を感じる方が増えており、ご自宅を活用した資金調達方法として注目されています。また、老後資金の確保のほか、相続対策や財産整理、住宅ローンを完済し手元資金を確保するといった利用も可能で、さまざまなシーンで活用できます。

  1. ご自宅を売却し、現金化

  2. 売却した自宅にそのまま住み続けられる

  3. 将来3つの選択肢の中からお客様が選択

    • 更新(再契約)

    • 買取

    • お引越し

リースバックの利用背景

  • 住宅ローン
    完済時期の高齢化

  • 老後の
    2,000万円問題

  • 景気不安定による
    収入の減少

近年の社会問題により、リースバックで生活資金を確保する方が年々増えています。

年間問い合わせ件数1,500件!
※2019年10月~2020年9月実績

リースバックの活用メリット

  • 売却してもそのまま住み続けられる

    一般的な売却と違い、リースバックなら売却後も住み慣れたお住まいで継続して住むことが可能です。

  • 資金使途の制限がなく自由

    売買代金は資金使途の制限がありません。事業資金、老後の蓄え資金、ローンの返済、教育資金等必要とされる用途でお使いいただけます。

  • 現金化することで将来の争続が発生しない

    相続などで問題になる多くが金銭的なトラブルです。事前にご自宅を売却し現金化することで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

  • 不動産を所有することで発生する支出がなくなる

    不動産を所有することで発生する、固定資産税等の支払いや老朽化、自然災害による修繕費用がかからなくなります。

  • リースバック利用審査が不要

    一般的に与信審査は一切ございませんので、どなたでもご利用が可能です。

    ※ただし物件審査はございます。

  • 借入等の残債があっても条件により取引は可能

    住宅ローンがあっても、お客様に支払われる売買代金で完済できれば、取引は可能です。

リースバック(ずっと住まいる)
リバースモーゲージの違い

ご高齢の方を対象に、ご自宅を担保として融資を受ける
「リバースモーゲージ」「ずっと住まいる」では
こんなにもサービスに差があります!

リースバックを選ぶ5つのポイント

  • 売買価格

    運営会社によって不動産の評価方法に違いがあるため、売買価格は変わってきます。売買価格は家賃とトレードオフの関係にあるため、売買価格だけで決定するのではなく、仲介手数料や事務手数料などの取引コストなどの条件を踏まえた上で総合的に判断しましょう。

    SBIスマイルのリースバック『ずっと住まいる』なら
    当社が買主となるため、仲介手数料、事務手数料が0円だからムダなコストがかかりません!
  • 家賃

    一般的に売買価格と家賃はトレードオフの関係にあり、売買価格が下がれば家賃も下がります。リースバックで売却した自宅を借りる際は、敷金や礼金、更新料、家賃保証会社への保証料も必要になります。これらの費用は無料の会社もあれば、有料の会社もあるので、家賃も含めてしっかりと比較しましょう。

    SBIスマイルのリースバック『ずっと住まいる』なら
    敷金・礼金・更新料が0円だから長く住みたい方にピッタリ!
    ※家賃保証会社への保証料は別途必要となります。
  • 賃貸借契約期間

    リースバックの多くは契約期間が2年などに定められている「定期借家契約」になります。 ほとんどの運営会社は「再契約することでそのまま住み続けることは可能」と謳っていますが、運営会社の事情で再契約されないことも考えられます。そのため、貸主からの解約申し入れには正当事由が必要である「普通借家契約」のほうがより良い契約と言えるでしょう。

    SBIスマイルのリースバック『ずっと住まいる』なら
    マンションに関しては「普通賃貸借契約」なので長期で住みたい方におすすめ!
    戸建は定期建物賃貸借契約となりますが、再契約を前提に建物検査をしますので安心してお住まいいただけます。
  • 買戻し条件(価格、期間)

    リースバックで自宅を買い戻すときの価格は、売却時よりも高くなることが多いです。予め価格や契約期間などの条件が決まっていて、それらが書面化されていれば、買戻しについてのトラブルを避けられます。買戻し価格を提示してくれる会社が複数ある場合は、より安い価格で買戻しができる会社を選ぶといいでしょう。

    SBIスマイルのリースバック『ずっと住まいる』なら
    売買契約の際に再売買の価格も取り決め、書面まで取り交わすため、買戻しを前提としたお客様にもご安心いただけます!
  • 運営会社の信頼性

    リースバックを利用する際は、運営会社の信頼性も重要なポイントです。家賃を低くするために売買代金の一部を預け入れしている状態で運営会社が破産した場合には、その預けている売買代金の一部は戻ってこない可能性が高いです。実績や業績などを比較して、倒産リスクが低い会社を選びましょう。

    SBIスマイルのリースバック『ずっと住まいる』なら
    当社は、東証一部上場のSBIホールディングスのグループ企業です。 売買代金は全額を一括でお支払いするとともに、不明瞭な預託金を求めることもありません。 透明性の高い取引を実現いたします!

SBIスマイルのリースバック
「ずっと住まいる」について
知りたい方はこちら

ご相談、仮査定は無料です。お気軽にお問い合わせください

問い合わせ件数

年間1,500
※2019年10月~2020年9月実績

ご相談、仮査定は無料です。